GS

GS(グランドスタッフ)になるために必要なこと

みなさんこんにちは、かすみ草です。

数あるメディアサイトやブログの中から、お越しいただきありがとうございます。この情報メディアサイトは、元CA・GSである私が「CA・GSになりたい人」や「CA・GSという職種に興味がある人」向けに役立つ情報を発信しています。

ぜひ気になるページをご覧いただき参考になれば幸いです。

今回ご紹介する内容は「GS(グランドスタッフ)になるために必要なこと」です。

GS(グランドスタッフ)とは?

まずはGS(グランドスタッフ)の仕事内容について簡単にご紹介します。

GS(グランドスタッフ)とは

航空会社の地上勤務職員のこと。特定地上職と呼ぶ航空会社もある。

各空港に勤務して、お客様に様々なサービスを提供します。

GSの仕事内容

GSの仕事は様々です。

  • カウンターでのチェックイン業務 
  • 搭乗口での案内業務 
  • 運行を管理するコントローラー業務 
  • 受託手荷物業務 など

※国内線か国際線、また航空会社によっても受け持つ仕事は異なります。

空港にいらしたお客様と一番最初に接するのはGSです。今は空港内にある自動チェックイン機がチェックインをする時代になってきてはいますが、まだまだカウンターでの搭乗手続きを希望されるお客様も大勢いらっしゃいます。そのようなお客様の搭乗手続きをするのはGSの仕事です。チェックインをしたら終わりというわけではなく、お身体の不自由な方がいらっしゃったら搭乗口までのお手伝いをしたり、ラウンジでお休みの方には快適なサービスを提供したりと、お客様が空港にいらしてから機内に搭乗するまで、空港で快適にお過ごしいただくお手伝いをして差し上げるのがGSの仕事です。

関係部署との連携が大事

一機の飛行機を飛ばすためにはGSだけではなく、関係部署との連携が不可欠です。航空会社に働く一人一人の努力だけではなく、チームワークが大切な仕事で、大勢のスタッフが関わっています。

GSになるために必要なこと

GSになるためには、各航空会社が行なっている採用試験に合格しなくてはいけません。採用試験は随時採用情報が更新されるので常日頃からチェックするようにしましょう。

受験する際には、航空会社が定めている応募資格の条件にクリアしていることが前提です。

今回はよく見る応募資格の条件についてご紹介します。

学歴

学歴は専門学校卒業レベルとしているところが多いです。

  • 専門学校
  • 短期大学
  • 大学
  • 大学院 など

※学科・学部は問われないことが多いです。

私が当時働いていた頃は、文系理系問わず様々な学科学部を卒業された方がいらっしゃいました。

語学力

英検2級以上、TOEIC550点以上としている航空会社が多いですが、語学力は高いに越したことはありません。

外国人のお客様も大変多くいらっしゃいますので、英語で話しかけられることも多いです。お客様からしたら空港で働いている人は英語ができて当たり前、語学力は堪能であるだろうと判断される方が多いように思います。

接客ができなければ仕事にはなりませんので、各航空会社が定める最低語学力は必ずクリアするようにしましょう。

英語以外にも語学力があれば尚可としているところもありますが、日本国内の空港で働く場合はまずは英語力向上に力を入れましょう。

居住地

公共交通機関を利用して90分圏内に居住または転居するという条件が多いです。GSは早朝深夜勤務もありますし、イレギュラーもあります。あまりにも遠いところに住んでしまうと通勤するだけで大変なので、空港から近いところに住むのが条件としている航空会社が多いです。

身長

身長制限はありません。CAですと身長制限はありますが、GSはありません!どなたでも応募ができます。

資格

特に必要な資格はありません。(応募資格には明記されていません)

体力

体力は重要です。不規則な勤務スケジュールで早朝深夜勤務、早番遅番勤務が普通です。

私は当時、①早番→②早番→③遅番→④遅番→⑤OFF→⑥OFFという勤務パターンで働いていました。早番は一番早くて深夜2時半に起床して出社、5時くらいから働いていました。その分退社する時間も早いですが、毎日出社時間は異なるので体調管理は必須です。

遅番ですと昼過ぎからの出社で、退社は一番遅くて深夜でした。毎日不規則で決まった時間に出社退社ではないからこそ、体調管理、自己管理能力は必須です。

第一印象・笑顔

第一印象は大事です。お客様を一番最初にお迎えするのはGSで、飛行機に搭乗するまでが仕事です。お客様一人ひとりに快適なサービスをして、この航空会社を選んで良かったと感じてもらえるような接客を目指す必要があります。

そのためには第一印象が良く、笑顔で接客することが大切です。

私はどんな時も口角を上げるように心がけていました。日々笑顔でいる努力をしておくと、自然と笑顔でいられるようになります。

日本人としての礼儀・マナー

日本人としての礼儀・マナーは大切です。お客様からはできていて当たり前だと見られますし、快適なサービスを提供するには礼儀・マナーは欠かせません。

言葉遣い、所作、心遣い、気遣いなどを大切に仕事をすることが求められるので、「自分がそうされたら嬉しいな、気持ち良いな」ということを意識して接客することで、お客様にとってもプラスの影響を与えられます。

常日頃からどう接客されると良いのか、自分だったらこうして差し上げるな、などサービスについて考えておくと勉強になります。

GSになるために参考になる本【決定版】

私は就職活動時、様々な本を熟読していました。気になる方はご覧ください。

created by Rinker
¥1,650
(2020/08/07 22:13:59時点 楽天市場調べ-詳細)

ANAグランドスタッフ入門

まとめ

よく見かける採用試験情報をご紹介しました。

航空会社によって応募資格条件は異なりますので、ご自身が働きたいと思う航空会社の過去の採用試験情報を見てみると参考になります!

まずはご自身ができることから意識して採用試験合格に向けて取り組みましょう。